恵那市・中津川市の外構・エクステリア・新築・増改築・リフォーム・石積はヤマグチ建設にお任せ下さい。

現場ブログ

Work blog

このような屋根 よく見かけませんか? 


これはスレート屋根と言います。


スレート屋根は、セメントを主成分とする厚さ5mmほどの板でできています。


地域によっても呼び名が違い「コロニアル」や「カラーベスト」「平板(へいばん)スレート」「化粧スレート」「スレート瓦」「新生瓦(しんせいかわら)」などと、様々な言われ方をしています。


私たちの暮らす東濃東部では カラーベストや スレート瓦と言う方が多いように感じます。


このスレート屋根にも、寿命があり およそ30年と言われています。


品質よっては、15年ほどで割れや欠けなどの不具合が発生することもあります。


屋根が部分的に割れたり、欠けたりすることですぐに雨漏りが起きることは、ほとんどありません。(発見が遅れれば別ですが)


今回は葺き替えよりも費用を抑えられる利点のある、古いスレート屋根の上に「防水シート(ルーフィング)」と「ガルバリウム鋼板」を張って屋根をリフォームする屋根カバー工法をご提案しました。


葺き替えよりも費用を抑えることができ、屋根全体の改修ができるためにコストパフォーマンスが良い方法です。

屋根全体に ルーフィングを 貼り付けていきます。

重量の比較をすると、スレート瓦が1㎡約22~23kgに対し、ガルバリウム鋼板は1㎡約5㎏なので屋根が
二重になるカバー工法の場合でも安心です。

棟をかぶせ、完成です。

 岐阜県白川町内の河川にて災害復旧を進めております。

護岸の石積みが崩れてしまったため、ブロック積工をやっています。

掘削時の高低差があるので、一歩間違うと危険な作業となってしまいます。

危険をそのまま放置してしまうと、ただの危険。事故につながります。

そうならないために対策をします。

安全は全てに優先する、を肝に銘じて進めています。

DCP PHOTO

 岐阜県加茂郡白川町にて道路改良進行中です。

いよいよ道路らしくなってきました。

ここまでくるのに、なにより大変だったのは固い転石が続々と出現したことです。

着手前からちらほらと岩が見えていたので出るだろうと思ってはいましたが、まさかこれほど出るとは。

転石と格闘して頂いた皆様、ありがとうございました。

写真はガードレールの一部を残し、完成間近です。

ちなみにガードレールの支柱も数本石にぶち当たりました。

DCP PHOTO

お問い合わせ・資料請求・住まいについてのご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

カレンダー

2024年2月
« 1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

最新の記事